トラネキサム酸の美白効果は?内服方法や副作用と合わせて解説します。

スキンケア

多くの女性が憧れる美白。

日焼け止めなどでこれ以上黒くならないように予防したり、美白効果のあるスキンケアなどで改善していくことが一般的ですが、身体の内側から内服薬で改善することができたらお手軽ですよね。

そんな美白効果がある内服薬が、トラネキサム酸です。

この記事では、トラネキサム酸の美白効果や内服方法、副作用について解説します。

また、このような美容に役立つ情報は当院の公式LINEアカウントでも配信しています。

毎月お得なクーポンも配布していますので、美容に関する情報を収集するツールとして、ぜひお役立てください。

トラネキサム酸とは

トラネキサム酸とは、人工的に作り出されたアミノ酸の一種です。

トラネキサム酸には、炎症を引き起こす作用や止血を妨げる作用がある「プラスミン」という物質を抑制する働きがあるため、元々は医療現場で使用されていました。

しかし、2002年に厚生労働省から美白効果のある成分として認められ、以降は美容にも活用されています。

トラネキサム酸については、下記の記事で詳しく解説しています。

トラネキサム酸とは?効果や購入方法と合わせて解説します

トラネキサム酸の美白効果

紫外線や女性ホルモンによって皮膚が刺激されると、プラスミンが産生されます。

プラスミンが産生されると、シミや肝斑の原因である、メラニンの生成を促進する「メラノサイト」が活性化されてしまいますが、トラネキサム酸には、プラスミンを抑える働きがあります。

そのため、服用することによりシミや肝斑が改善し、美白を目指していけるのです。

トラネキサム酸のその他の効果

トラネキサム酸の服用には、美白以外にも効果があります。

例えば、ウイルスなどが原因で細胞が破壊されるとプラスミンが発生し、体内に炎症や痛みを引き起こしますが、トラネキサム酸を服用することで炎症や痛みを抑えることができるので、のどの痛みや口内炎の改善に効果があります。

また、プラスミンが活性化すると、血液を溶解してしまうためなかなか血液が止まらないことがありますが、トラネキサム酸を服用することで止血されるため、怪我や生理の出血にも効果があります。

トラネキサム酸はどこで買える?

トラネキサム酸の美白効果は、OTC医薬品(市販薬)としても認められているため、クリニックのみではなくドラッグストアなどでも気軽に購入することができます。

しかし、OTC医薬品の場合、クリニックで処方された医薬品よりもトラネキサム酸の含有量が低いため、より高い効果を期待したいようでしたら、クリニックで処方されたトラネキサム酸の服用をおすすめします。

当院のオンライン診療について

レディアス美容クリニック恵比寿では、トラネキサム酸の内服薬をオンライン診療でも処方しております。

トラネキサム酸の内服薬を試してみたい方や、自宅から手軽に内服薬を取り寄せたい方などは、是非公式LINEアカウントから当院のオンライン診療をご利用ください。

また、当院の公式LINEアカウントでは、美容に役立つ情報の配信や人気の施術をお得に受けることができるクーポンの配布をしています。

オンライン診療をご検討している方もそうでない方も、ご登録をお待ちしております。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FuT2B6B6f80_3KQhwySdBjom8oqoJRc8sNuaXCxR1tA0CmgSH34cs9YoT-i0h1HX6LtR3dVf7iVpVL15NQuvJf5ZtEERYfJssSekmnHhV7qGwbfhAJwt8d-Sps9H2J3EnFGbqyao

トラネキサム酸の内服方法

以下に当てはまる方は、トラネキサム酸の服用ができない可能性があります。

必ず医師や薬剤師の方に相談し、服用するようにしてください。

  • 血液凝固障害のある方
  • 血栓があらわれる危険性がある方
  • 妊娠中の方・授乳中の方
  • 脳梗塞や心筋梗塞を患っている方、ご家族に既往歴のある方
  • 腎不全の方
  • ピルを服用中の方

トラネキサム酸の飲み合わせ

トラネキサム酸は、ピルと併用することができないためご注意ください。

また、歯医者などで止血剤を処方された際には、トラネキサム酸を服用中であることを申告するようにしましょう。

トラネキサム酸はどれくらいの期間、服用するべき?

トラネキサム酸を服用することによる効果には個人差がありますが、1日1000㎎のトラネキサム酸の場合、大体4~5週間程度服用することで効果を実感してきます。

長期間内服することで副作用が生じることもあります。

服用については、必ず医師や薬剤師の指示に従いましょう。

トラネキサム酸の副作用

トラネキサム酸を服用することによる副作用は、ほとんどありません。

ただし、稀に食欲不振や胸焼け・吐き気・下痢・発疹などが出ることがあります。

副作用があらわれた場合にはただちに服用を中止し、クリニックを受診するようにしましょう。

また、「トラネキサム酸を服用すると白髪が増える」という噂がありますが、そのような医学的根拠はありませんのでご安心ください。

トラネキサム酸以外のシミ・肝斑治療

レディアス美容クリニックでは、トラネキサム酸以外にも以下の施術でシミ・肝斑を治療することができます。

シミや肝斑でお悩みの方や、より早く効果を実感したい方などは是非、施術も合わせて検討してみてください。

ピコスポット

ピコスポットとは、ピコ秒(1兆分の1秒)という短い単位でレーザー照射することにより、お肌がダメージをほとんど受けることなくシミを改善するレーザー治療です。

濃いシミや形のはっきりとしたシミを、ピンポイントで治療します。

ピコスポットについては下記の記事でも解説しています。

ピコレーザーの効果は?特徴やメリットを解説します

ピコトーニング

ピコトーニングとは、ピコ秒(1兆分の1秒)という短い単位で、顔全体に低出力で照射することにより、顔全体のホワイトニング効果があるレーザー治療です。

いままで肝斑や薄いシミにレーザーを照射すると、かえって悪化してしまう恐れがあったため、レーザーで肝斑や薄いシミを治療することができませんでしたが、ピコトーニングは低刺激のレーザーなので、従来までのレーザー治療とは異なり、肝斑や薄いシミも治療することができます。

ピコトーニングについては、下記の記事でも解説しています。

ピコトーニングとは?特徴や効果・施術の流れを解説します

まとめ

トラネキサム酸を服薬することで、シミや肝斑の原因となる「メラニン」の生成を活性化させる物質が抑制されるため、美白効果が期待できます。

また、トラネキサム酸にはその他にも、炎症や痛みを抑える作用や止血作用がありますので、美白以外にもさまざまな場面で活用されています。

レディアス美容クリニック恵比寿の公式LINEアカウントでは、このような美容に役立つ情報を定期的に配信しています。

更に、毎月さまざまな施術をお得に受けることができるクーポンの配布もしていますので、美容に関してお悩みがある方や施術をご検討している方は、ぜひご登録ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。