キレイを叶えるコラム 恵比寿の美容皮膚科
レディアス美容クリニック恵比寿の

Column

ニキビ跡を治す方法は?ニキビやニキビ跡ができる原因から改善策を紹介します

スキンケア

ストレスや食生活の乱れなどが原因で、気づけばすぐにできてしまうニキビ。

そして、やっとニキビが収まったと思っても今度はニキビ跡がなかなか消えない、という経験がある方も多いのではないでしょうか。

しかも自然にニキビ跡が消えるのを待っていると、ニキビを落ち着かせるよりも時間がかかってしまうこともあるため人によってはニキビよりも厄介と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

この記事ではニキビやニキビ跡ができる原因から改善策について紹介します。

ニキビができるメカニズム

ニキビの原因は、「皮脂分泌の増加」「毛穴の詰まり」「アクネ菌の増殖」の3つが主になります。

1つ目は、皮脂分泌の増加です。思春期に男性ホルモンの分泌が増えたり、生理前に男性ホルモンに近い働きをする黄体ホルモンが増えることで、皮脂分泌が増えることがわかっています。

2つ目は毛穴のつまりです。皮膚は正常にターンオーバーを繰り返し約28日サイクルで新しい皮膚に生まれ変わっていきますが、ターンオーバーがうまくいかない場合、毛穴がふさがれ、皮脂が詰まってしまいます。

3つ目は、皮脂が毛穴に詰まっている状態になってしまうと、もともと毛穴や皮脂腺の中に存在する害のない「アクネ菌」が空気に触れることができず過剰に増えてしまい、炎症を起こしたニキビになっていきます。

ニキビの種類

ニキビは症状の進み具合によって以下の4種類に分類されます。

  • 白ニキビ
  • 黒ニキビ
  • 赤ニキビ
  • 黄ニキビ

白ニキビ

白ニキビは、ニキビの初期段階です。

毛穴に溜まった皮脂が肌を押し上げていますが、毛穴まだ閉じているため、白っぽいポツポツとしたニキビになります。

白ニキビの段階であればまだ痛みやかゆみはほとんど感じませんし、これ以降の段階よりも早めにニキビを治すことができます。

黒ニキビ

白ニキビよりも進行した状態のニキビが「黒ニキビ」です。

皮脂が肌をどんどん押し上げ毛穴が開いてしまうことで、毛穴に詰まった皮脂が空気に触れて酸化し黒っぽくなってしまいます。

黒ニキビは白ニキビと比較すると目立ってしまいますが、まだ炎症を起こしていないため初期段階に分類されます。

赤ニキビ

白ニキビや黒ニキビが進行した状態のニキビが「赤ニキビ」です。

赤ニキビは、アクネ菌が関わって生じます。

毛穴に皮脂が詰まってしまうことが原因で、アクネ菌が空気にふれることができず一気に増殖します。

さらにアクネ菌のだすリパーゼと言う酵素が皮脂を分解し、「遊離脂肪酸」ができます。

この遊離脂肪酸が炎症を引き起こす原因物質となってしまい、結果として吹き出物のように赤くなってしまったものが赤ニキビです。

黄ニキビ

赤ニキビよりも更に進行した、最も炎症を起こしている状態のニキビが「黄ニキビ」です。

炎症が強くなり、黄色い膿が溜まってしまっています。

治すためには膿を取り出す必要があることもありますが、その際痛みを伴う場合があります。

また、黄ニキビまでひどくなってしまうとニキビが改善されてもニキビ跡が残ってしまう可能性もありますので、なるべく黄ニキビになる前に改善するのがベストです。

ニキビ跡の種類・特徴

次に、ニキビ跡の種類と特徴について解説します。

ニキビ跡には下記の3種類があります。

  • 赤っぽいニキビ跡
  • 色素沈着したニキビ跡
  • クレーターになってしまったニキビ跡

赤っぽいニキビ跡

炎症が原因で毛細血管増えたり、皮膚が薄くなったりして、赤く見えるニキビ跡です。

半年~1年で自然と消えることもありますが、保湿やターンオーバーを促進する施術によって改善することができます。

色素沈着したニキビ跡

ニキビの炎症がメラノサイトを刺激し、メラニンが大量発生し色素沈着してしまい、シミのようになったニキビ跡です。

レーザーでメラニン色素を破壊する施術や、ピーリングによって改善することができます。

クレーターになってしまったニキビ跡

炎症が強くでてしまったことで皮膚が深くまで傷つき、デコボコになってしまったニキビ跡です。

肌のハリを改善する施術によってクレーターになったニキビ痕をめだちにくくすることができます。

ニキビ跡の治療方法

レディアス美容クリニック恵比寿では、以下の施術でニキビ跡を改善することができます。

  • マッサージピールによるニキビ跡治療
  • ピコレーザーによるニキビ跡治療

マッサージピーリングによるニキビ跡治療

マッサージピールとは、PRX-T33という専用のピーリング薬剤をマッサージしながら浸透させるケミカルピーリングです。

皮膚のターンオーバーの促進やメラニンの生成を抑えるなどの効果があるため、ハリの回復・シミの改善・ニキビ跡の改善を期待することができます。

マッサージピールについては以下の記事で詳しく解説していますので、こちらの記事も合わせて是非ご一読ください。

マッサージピールの効果は?仕組みや成分・施術内容などを解説します

ピコレーザーによるニキビ跡治療

ピコレーザーとは、レーザー光の時間の長さをピコ秒(1兆分の1秒)単位で照射できるレーザーマシンを使用する施術です。

レーザーの衝撃波でメラニン色素を破壊したり、新陳代謝を高めてコラーゲンの生成を促進することで、シミの改善や毛穴の開きの改善だけでなくニキビ跡の凹凸を治療することもできます。

ピコレーザーを使用したシミ治療については以下の記事でも詳しく解説していますので、よろしければ合わせてご一読ください。

最適なシミ治療方法は?シミの種類や原因も解説します

レディアス美容クリニックのピコレーザー治療に関するページは以下になります。

ピコレーザー【エンライトンSR】|レディアス美容クリニック恵比寿

ニキビを悪化させないために

最後に、ニキビを改善させるために必要なことと、ニキビができたらやってはいけないことについて解説してこの記事を締めくくります。

ニキビを改善させるために必要なこと

ニキビを悪化させない・新しいニキビを増やさないためには、以下のことに注意して生活してみてください。

紫外線対策をしっかりおこなう

紫外線の刺激での表面の角質が肥厚して、毛穴が詰まりやすくなり、皮脂が溜まってしまいます。

さらに、日焼け後には、肌の水分が失われ、肌が乾燥してしまうため、逆に皮脂の分泌量は多くなり、ニキビの原因となってしまいます。

また、紫外線は皮脂が酸化する原因にもなり、ニキビの悪化に繋がっていくので、一年を通して紫外線対策はしっかりとおこないましょう。 

食生活を見直す

糖分・脂分の過剰摂取は皮脂の過剰分泌を引き起こすため、ニキビの原因となってしまいます。

ニキビができにくい健康的なお肌になるためには、肌の新陳代謝を促したり皮脂の分泌量をコントロールするビタミンB2やビタミンB6、肌のターンオーバーを整えるビタミンAなど、ビタミン類を日頃から摂取することが大切です。

野菜や果物などビタミンを豊富に含んだ食事をバランスよく摂取するように心がけてみてください。

洗顔・スキンケアに気を遣う

うっかりメイクをしたまま寝てしまったり、クレンジングでメイクが落ちきらなかったりすると、毛穴の詰まりの原因になります。

ただし、だからといってゴシゴシと強く洗いすぎると肌の乾燥の原因になってしまうので、優しく丁寧にメイクを落として洗顔をしたあとは、必ずしっかりと保湿をするように心がけましょう。

ニキビができたらやってはいけないこと

ニキビができたら以下のことは絶対にやらないでください。

ニキビが悪化しそうな場合は、皮膚科を受診することを推奨します。

ニキビを自分で潰す

ニキビがポツンとできてしまうと、どうしても気になって触ってしまったり、潰してしまいたくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ニキビを自分で潰すとニキビの周辺を傷つけ細菌が入り込んでしまったり、ニキビ跡が残りやすくなってしまうこともあるため大変危険です。

ファンデーションを厚塗りする

ニキビが悪化していくと目立ってしまうためどうしてもファンデーションやコンシーラーで隠したくなります。

しかしファンデーションやコンシーラーを厚塗りすると毛穴が詰まってしまい、菌がずっと残ってしまったり新たなニキビの原因になります。

ですのでなるべく薄塗りにするか、ニキビの部分を避けてメイクをすることを推奨します。

まとめ

ニキビは毛穴の詰まりが原因で起こってしまう炎症です。

ですのでニキビができにくいお肌を手に入れるために普段から毛穴を定期的にケアする必要がありますし、万が一ニキビ跡ができてしまった場合はクリニックでニキビ跡を改善する施術を受けることもできます。

ニキビ跡を改善したい・ニキビができにくい肌を手に入れたいと考えている方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

予約・お問い合わせはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

このページの先頭へ