キレイを叶えるコラム 恵比寿の美容皮膚科
レディアス美容クリニック恵比寿の

Column

ハイフの効果を高める方法とは?施術効果と合わせて解説します

フェイスデザイン

顔をリフトアップさせたい方や肌の弾力を取り戻したい方に人気のハイフ。

ハイフの施術を受けると整形級の変化を感じることができるので、試してみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、ハイフの施術は決して安くないため、施術を受けるのであれば効果を高めたい・効果を持続させたいと思いますよね。

そんな方に向けてこの記事では、ハイフの効果や効果を高めるための方法について解説します。

また、このような美容に役立つ情報は当院の公式LINEアカウントでも配信しています。

毎月お得なクーポンも配布していますので、美容に関する情報を収集するツールとして、ぜひお役立てください。

LINEお友達登録はこちら

ハイフとは

ハイフとは、High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)の頭文字を取った略称で、たるみを引き締めリフトアップさせる施術です。

虫眼鏡を使って太陽の光を一点に集めるようなイメージで、医師または医師から指示を受けた看護師が、解剖学に基づいて一点に集中した熱エネルギーを照射します。

真皮層~筋膜層に照射することにより、照射の熱で組織が縮み、たるんでいた顔・首がリフトアップされる仕組みです。

また、熱エネルギーを一点に集中させて照射することで、表皮や周辺組織を傷つけることなくリフトアップできるため、従来のリフトアップ手法と比較し圧倒的に肌ダメージが少なくなりました。

ハイフの効果

ハイフの機械を顔や首に照射することにより、顔や首のたるみを改善し、リフトアップや小顔効果がみられることは有名なのではないでしょうか。

たるみを改善すると、リフトアップ以外にも、ほうれい線・マリオネットラインや首のシワを目立ちにくくさせる効果もあります。

また、ハイフを照射することでコラーゲンの生成が活発になるため、肌にハリや弾力が出てきたり、小ジワ改善・根本的な肌質改善も見込めます。

ハイフの効果については以下の記事でも解説していますので、ご興味がある方は是非ご一読ください。

切らないリフトアップ「ハイフ」に期待できる効果を解説します

ハイフの効果を高める方法

ハイフの施術によってお肌の悩みを根本から解消したい方は特に、ハイフの施術頻度を医師と相談することにより効果を持続させたり高めることができます。

ハイフによる施術効果は、それぞれ以下の期間であらわれます。

  • リフトアップ効果:施術直後から効果がみられ、その後3ヶ月~6ヶ月程度持続
  • ハリ・弾力アップ効果:施術後1ヶ月ほど経過してから効果がみられ、その後3ヶ月程度持続
  • 小顔効果:施術後1ヶ月ほど経過してから効果がみられ、新しく皮下脂肪がつかない限り効果が持続

このようにハイフの効果は3ヶ月~6ヶ月程度持続するので、ハイフの効果を継続的に実感したい方は、3ヶ月~6ヶ月に1度のペースで施術を受けることを推奨します。

しかし、ハイフの効果の出方には個人差がありますし、お肌の状態もひとりひとり違うため、医師によるカウンセリングでしっかりと施術プランを決めておくことが重要です。

当院のハイフについて

レディアス美容クリニック恵比寿では、ひとりひとりのお悩みや肌質を診察した上で、適切な施術プランをご提案いたします。

場合によってはハイフ以外の施術と組み合わせたプランをご提案することも可能ですので、たるみを改善したい方や小顔になりたい方・肌の弾力を取り戻したい方は、お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問合せ

また、当院の公式LINEアカウントでは、美容に役立つ情報の配信や人気の施術をお得に受けることができるクーポンの配布をしています。

施術をご検討している方もそうでない方も、ご登録をお待ちしております。

LINEお友達登録はこちら

顔の老化の原因

顔は、たるみやシワが目立ってくることにより老けてみられます。

シワは、乾燥などから細かい乾燥じわが始まり、コラーゲンの生成量が減少することなどが原因で皮膚の弾力が落ちてしまい目立ってきます。

さらに、弾力の落ちた皮膚は支えきれなくなり、たるみが目立ってきます。

そのため、ハイフを照射することでたるんだ皮膚をリフトアップさせるだけでなく、コラーゲンを刺激し生成を活性化させ、肌のハリや弾力を取り戻すことで、根本的な肌質改善にも繋がります。

医療ハイフとエステハイフの違い

ハイフの施術を医師または医師から指示を受けた看護師以外がおこなうことは、医師法に抵触するおそれがあり禁じられています。

そのためエステサロンで受けることができるハイフは、医療ハイフと比較し照射パワーが弱いため、効果が薄く、持続期間が短くなってしまいます。

また、2017年にはエステサロンでハイフの施術を受けた方々からトラブルの報告が続いたことで、国民センターから、エステサロンなど医師・看護師ではない方が施術するハイフに対して、改めて注意がありました。

高い効果や長い持続期間・安全性を重視するのであれば、医療ハイフをご検討ください。

家庭用ハイフは効果がある?

エステハイフと同様、家庭用ハイフも照射パワーが弱いため医療ハイフと比較すると効果が薄く、持続期間が短くなっています。

また、ハイフは照射箇所を誤ることで神経損傷を起こしてしまうリスクもあるため、ご自身でおこない場合は特に注意が必要です。

万が一肌トラブルが生じた場合や違和感が続く場合は、速やかにクリニックを受診しましょう。

ハイフの副作用・デメリット

ハイフは従来の施術と比較し肌ダメージ・ダウンタイムが少ない施術ですが、以下のような副作用が出ることがあります。

  • 施術直後にほんのりと赤みや腫れが出ることがあります
  • 稀に、骨に近い部分の照射角度を誤ることで火傷や水ぶくれが出ることがあります
  • 施術後1ヶ月程度、むくみが出る方がいらっしゃいます
  • 医療ハイフでは滅多にありませんが、照射箇所を誤ることで神経損傷を起こすことがあります
  • 施術時に骨に響くような痛みやチクチクと刺されるような痛みを感じます
  • 施術後3週間程度、筋肉痛のような痛みを感じます

赤みや腫れ・むくみ、筋肉痛のような痛みは時間が経てば良くなりますが、長引く場合や酷くなる場合などは、必ずクリニックを受診しましょう。

まとめ

ハイフの効果を高めるためには、肌質や改善したいお悩みに合わせた頻度で、継続して施術を受けていただく必要があります。

また、効果や肌質には個人差がありますので、どのような施術プランが合っているのかはカウンセリング時に医師と相談することを推奨します。

ハイフの効果を高める方法について直接医師に聞いてみたい方や、ハイフの施術を検討している方は、お気軽にご相談ください。

ご予約・お問合せ

そしてレディアス美容クリニック恵比寿の公式LINEアカウントでは、このような美容に役立つ情報を定期的に配信しています。

更に、毎月さまざまな施術をお得に受けることができるクーポンの配布もしていますので、美容に関してお悩みがある方や施術をご検討している方は、ぜひご登録ください。

LINEお友達登録はこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このページの先頭へ