キレイを叶えるコラム 恵比寿の美容皮膚科
レディアス美容クリニック恵比寿の

Column

ピコレーザーで色素沈着するリスクは?

スキンケア

メイクでは隠しきれないシミや肝斑に悩む女性は多いのではないでしょうか?

ピコレーザーは、そんな多くの女性が悩んでいるシミや肝斑を改善する施術です。

しかし、この記事を読んでいる方の中には、ピコレーザーについて調べているうちに「レーザーを照射後に色素沈着を起こしシミが濃くなってしまった」などといった口コミを目にし不安になってしまった方もいらっしゃると思います。

そんな方にむけてこの記事では、ピコレーザーで色素沈着するリスクについて解説いたします。

また、このような美容に役立つ情報は当院の公式LINEアカウントでも配信しています。

毎月お得なクーポンも配布していますので、美容に関する情報を収集するツールとして、ぜひお役立てください。

LINEお友達登録はこちら

ピコレーザーとは?

そもそもピコレーザーとは、レーザーを照射しメラニンなどの色素を破壊することでシミや肝斑・タトゥーなどをうすくする施術です。

今までシミや肝斑をうすくするために照射していたレーザーは「Qスイッチレーザー」というレーザーで、照射時間はナノ秒(10億分の1秒)でした。

それに対してピコレーザーは、照射時間をピコ秒(1兆分の1秒)に抑えているにも関わらず、従来よりも強いパワーで照射できることが大きな特徴です。

レーザーの照射時間は、長ければ長いほど照射箇所が熱によるダメージを受けてしまいます。

ピコレーザーは、照射時間をQスイッチレーザーの1000分の1に抑えることで照射箇所へのダメージが少ない状態でシミなどを治療することが可能になりました。

ピコレーザーで失敗?色素沈着するリスクは?

ピコレーザーで色素沈着を起こすリスクは多くはありません。

従来のQスイッチレーザーは、レーザーを照射した際に生じる熱によってメラニンなどの色素を破壊していたため肌へのダメージが強く、痛みや一時的な色素沈着のリスクがありました。

しかしピコレーザーは強いパワーで照射することによって生じる「衝撃波」によって色素を破壊するため、肌へのダメージが少なく、痛みや色素沈着のリスクは少なくなりました。

ピコレーザー後に色素沈着が出やすい方の特徴

前述の通りピコレーザーを照射後に色素沈着を起こしてしまうことは多くはありませんが、稀に色素沈着が起きてしまう場合があります。

特に、日焼けしやすい方・ターンオーバーが低下している方は色素沈着が出やすいので、注意が必要です。

まず日焼けをしやすい方は紫外線を吸収しやすいため、他の方と比較するとメラニンを生成しやすい体質であることが多くあります。

メラニンを生成しやすい体質ですとレーザー照射後に色素沈着を起こしやすくなってしまうため、レーザー照射後の紫外線ケアを徹底しましょう。

また、ピコレーザーはレーザーを照射し色素を破壊したあと、粉々になった色素が肌の代謝によって体外に排出されることでシミや肝斑をうすくするメカニズムです。

そのためターンオーバーが低下している方は、破壊したシミが体外に排出され切らない場合があり、結果として色素沈着を起こしてしまいます。

ピコレーザー後の色素沈着を防ぐためのケア

ピコレーザー後の色素沈着を防ぐために、日焼けしやすい方は特に紫外線対策を徹底しましょう。

外出する際は日焼け止めクリームの塗布はもちろん、サングラスや日傘などを使用するなど日焼け対策を徹底することをおすすめします。

また、そこまで日焼けをしやすいタイプではないからといって油断は禁物です。

基本的にピコレーザーを照射した後は、紫外線対策をしっかりおこないましょう。

ターンオーバーが低下している方は、ピーリングなどターンオーバーを促進する施術や自宅でのケアを同時におこなうことをおすすめします。

当院のピコレーザー治療について

レディアス美容クリニック恵比寿では、カウンセリングでお客様ひとりひとりの体質やお肌の状況をしっかりと確認した上で施術のプランをご提示いたします。

シミや肝斑を改善したい方は、是非お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問合せ

また、当院の公式LINEアカウントでは、美容に役立つ情報の配信や人気の施術をお得に受けることができるクーポンの配布をしています。

施術をご検討している方もそうでない方も、ご登録をお待ちしております。

LINEお友達登録はこちら

当院のピコレーザー治療については下記のページでもご紹介しています。

ピコレーザー【エンライトンSR】|レディアス美容クリニック恵比寿

ピコレーザーで色素を除去する仕組みは?

次に、ピコレーザーでシミや肝斑・タトゥーを除去する仕組みを解説します。

照射前にクリニックの医師が、色素の深さなど肌の状態を確認し、照射の適切なパワーや深度をピコレーザーの機械で設定します。

機械の設定後、照射を行っていきます。

ピコレーザーの照射により、破壊した色素はその後、肌のターンオーバーによって体外に排出され、徐々にシミや肝斑がうすくなり正常な肌に近づきます。

ピコレーザーの効果は?

ピコレーザーには、色素にピンポイントで照射し色素を衝撃波で破壊する「ピコスポット」、顔全体に低出力で照射する「ピコトーニング」、顔全体にフラクショナル状(点状)に照射しコラーゲンやエラスチンの生成を促進し肌質を改善する「ピコフラクショナル」の3種類があります。

ピコスポットの施術はシミやタトゥー・アートメイクをうすくし、ピコトーニングは従来のレーザーだと改善することができなかったうすいシミや肝斑を改善し、ピコフラクショナルは毛穴の開きやニキビ跡の改善に効果があります。

また、ピコレーザーの効果については下記の記事で詳しく解説していますので、気になる方は是非ご一読ください。

ピコレーザーの効果は?特徴やメリットを解説します

ピコレーザーでシミが消えないと感じる

ピコレーザーは従来のQスイッチレーザーと比較し、短い照射時間で強いパワーのレーザーを照射することができます。

そのため、シミやタトゥーの施術にかかる回数は従来の約半分程度で済みますし、シミの治療については1回で効果を感じる方もいらっしゃいます。

しかし、例えばシミを消すために本来であればピコスポットの施術をするべきにも関わらずピコトーニングの施術をすると効果が出づらいですし、レーザー照射後に日焼けをしてしまったりターンオーバーが低下していると色素沈着を起こしてしまい、シミが消えないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

必ず肌質やお悩みに合わせて適切なアドバイスをしてくれるクリニックでピコレーザーの施術をおこない、お悩みに対して効果的なアプローチをしていきましょう。

まとめ

ピコレーザーは従来のQスイッチレーザーと比較し肌ダメージが少ない施術ですので、照射後に色素沈着が起こるリスクは多くありません。

ただし日焼けしやすい方やターンオーバーが低下している方は稀に色素沈着が起きてしまう場合がありますので、必ず医師に相談しながら施術プランを決め、アフターケアも徹底しておこないましょう。

ピコレーザーの施術に興味がある方、シミや肝斑を治療したい方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

ご予約・お問合せ

そしてレディアス美容クリニック恵比寿の公式LINEアカウントでは、このような美容に役立つ情報を定期的に配信しています。

更に、毎月さまざまな施術をお得に受けることができるクーポンの配布もしていますので、美容に関してお悩みがある方や施術をご検討している方は、ぜひご登録ください。

LINEお友達登録はこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このページの先頭へ