キレイを叶えるコラム 恵比寿の美容皮膚科
レディアス美容クリニック恵比寿の

Column

ハイフの副作用やデメリットは?

フェイスデザイン

メスを入れずに整形級の変化が見られることで人気のハイフ。

加齢によるたるみが気になる方や、小顔・リフトアップを叶えたい方など、さまざまな方がハイフの施術を受けています。

しかしハイフについてネットで検索すると、副作用やデメリットに関する記事を目にして、心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方に向けてこの記事では、ハイフの副作用やデメリットに関して解説します。

また、このような美容に役立つ情報は当院の公式LINEアカウントでも配信しています。

毎月お得なクーポンも配布していますので、美容に関する情報を収集するツールとして、ぜひお役立てください。

LINEお友達登録はこちら

ハイフとは

ハイフとは「High Intensity Focused Ultrasound」(高密度焦点照射式超音波治療)の頭文字をとった略語で、高密度の超音波エネルギーを使用して顔・首のたるみ改善やリフトアップを叶える施術です。

リフトアップをするためにメスを入れる施術もありますが、ハイフの機械を使用してリフトアップさせる場合、表皮や周辺組織を傷つけずに的確に照射することができるため、お肌の負担が圧倒的に少なく、またダウンタイムもほとんど無いことが特徴です。

ちなみに、ハイフは元々は医療現場で脳腫瘍の治療や前立腺ガンの治療に使用されていましたが、2004年以降に美容医療でも使われるようになりました。

ハイフの副作用・デメリット

ハイフの施術により照射箇所が乾燥したり、赤みや腫れが出てしまう場合があります。

また、人によって施術後に浮腫みを感じやすい方もいらっしゃいますが、1ヶ月ほどかけてだんだん良くなり、その後リフトアップ効果を感じます。

そして、非常に稀ですが解剖学の知識がない方や経験の浅い医師が施術しカートリッジの取り扱いや照射箇所を誤ってしまうと、火傷や水ぶくれを起こしてしまったり、神経損傷を起こしてしまい顔にしびれを感じてしまうこともあります。

ハイフによる副作用や違和感が長引くようでしたら、すぐにクリニックを受診するようにしましょう。

また、ハイフの神経損傷に関しては下記の記事でも解説しておりますので、よろしければ是非ご一読ください。

医療用ハイフで神経損傷を起こすリスクがある?

ハイフの副作用を抑えるアフターケア

ハイフは熱エネルギーを照射する施術のため、施術直後は火照っていたり、乾燥しやすくなっています。

そのため施術後は特に保湿やUVケアを心がけ、施術当日は身体を温めすぎないようシャワーのみで済ませ、激しい運動は控えるようにしましょう。

ハイフの注意点

以下に当てはまる方はハイフの施術を受けることができない可能性があります。

当てはまる方は、必ず医師に事前にご相談するようにしてください。

  • 妊娠または授乳中の方、妊娠の可能性がある方
  • 施術前後2週間で他の施術を受けた/受ける予定がある方
  • インプラントや金属類が顔に入っている方
  • ペースメーカーが入っている方
  • ケロイド体質がある方
  • ヘルペス・皮膚炎がある方

ハイフは医療行為

ハイフは医療行為ですので、医師や医師から指示を受けた看護師以外が施術することは医師法で禁じられています。

また、解剖学の知見がない方や未熟な医師による施術はトラブルのもととなりますので、必ず信頼できる医師に施術を依頼するようにしましょう。

ハイフの痛み

ハイフは施術中にチクチクと刺されるような痛みや骨に響く痛みを感じ、施術後には筋肉痛のような痛みが数週間程度続きます。

しかし、どの痛みも麻酔や薬を使用しなくても我慢できる程度の痛みですので、ご安心ください。

ハイフの痛みについては、以下の記事で詳しく解説しています。

ハイフの痛みはどのくらい?副作用やリスクは?

当院のハイフについて

レディアス美容クリニック恵比寿では、解剖学に基づいて医師もしくは医師から指示を受けた看護師が安全に施術をおこないます。

また、患者様ひとりひとりの肌質やお悩みに最適な施術やプランをご提案することも可能ですので、ハイフの施術を受けるか悩んでいる方や、他の施術に興味がある方もお気軽にご相談ください。

ご予約・お問合せ

また、当院の公式LINEアカウントでは、美容に役立つ情報の配信や人気の施術をお得に受けることができるクーポンの配布をしています。

施術をご検討している方もそうでない方も、ご登録をお待ちしております。

LINEお友達登録はこちら

ハイフのメリット・効果

ハイフには気をつけなければならない副作用やデメリットがありますが、嬉しい効果もあります。

  • 真皮層~筋膜層の組織を縮み上げることによる顔全体リフトアップ効果
  • 再生機能を高めコラーゲンの生成を促すことによる肌のハリ・弾力アップ
  • 皮下脂肪減少による小顔効果

またハイフは従来のリフトアップ手法と比較し、お肌へのダメージが圧倒的に少なく済むため、多くの効果を得ることができるにも関わらずダウンタイムがほとんど無い画期的な施術です。

ハイフの効果は何日後から?

個人差がありますが、顔全体のリフトアップ効果は施術直後から感じ、その後半年ほど効果を実感する方が多くいらっしゃいます。

また肌のハリや弾力は、施術後1ヶ月ほど経過しコラーゲンの生成が活発になる頃から、3ヶ月程度効果を実感します。

更に、小顔効果は施術から1ヶ月ほど経過後から、新たに皮下脂肪が付かない限り持続していきます。

ハイフの効果については、下記2記事でも詳しく解説していますので、よろしければご参考にしてください。

切らないリフトアップ「ハイフ」に期待できる効果を解説します

ハイフの効果は何日後から?持続期間やリスクと合わせて解説します

顔がたるむ原因

顔のたるみは、多くの場合「SMAS筋膜のゆるみ」に原因があります。

SMAS筋膜とは「Superficial musculo-aponeurotic system」の頭文字で、「表在性筋膜」のことを指します。

SMAS筋膜は皮下組織(脂肪の層)と筋肉層の間にあるコラーゲンで形成されている薄い膜で、皮膚を支える役割を担っており、SMAS筋膜がゆるんでしまうとハリの低下やシワ・たるみの原因になります。

そのためハイフの施術でSMAS筋膜に照射することで組織を縮ませ、またコラーゲンの生成を活発にすることでリフトアップや肌のハリの改善に繋がります。

ハイフの仕組み 

ハイフは、照射箇所や深度によって機械に取り付けるカートリッジを変えることで、照射したい箇所に的確にアプローチすることができます。

  • 2.0㎜カートリッジ:目周りや眉下・浅いシワなど表皮の浅い層に照射
  • 3.0㎜カートリッジ:真皮の深い層に照射しコラーゲンの生成を活発にする
  • 4.5㎜カートリッジ:SMAS層(筋膜)に照射しリフトアップを叶える

医療ハイフとエステハイフの違い

医療ハイフとエステハイフの大きな違いは、照射パワーです。

医師が常駐していない場所でハイフの施術をするためには、照射の熱エネルギーを弱めて施術をする必要があります。

そのため、クリニックと比較するとあまり効果を感じることができなかったり、効果を感じたとしても持続期間が短いためご注意ください。

また、照射パワーが弱いとはいえ医療行為には変わりないため、安全性を求めるのであればやはりクリニックでの施術を推奨します。

ハイフがおすすめの人

以下のようなお悩みをお持ちの方には、ハイフの施術をおすすめしています。

  • リフトアップしたい方
  • 顔のたるみに悩んでいる方
  • 目をパッチリさせたい方
  • メスは入れずに整形級の変化を感じたい方
  • シワやほうれい線が気になる方
  • 肌質を改善したい方
  • お肌のハリや弾力を取り戻したい方

まとめ

ハイフには赤みや腫れなどの副作用や痛みなどのデメリットもありますが、高いリフトアップ効果やお肌へのダメージが圧倒的に少ないことなどメリットも多々あります。

リフトアップしたい方や小顔になりたい方のみではなく、この記事を読んでハイフの施術についてもっと知りたいと思っていただいた方も、お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問合せ

そしてレディアス美容クリニック恵比寿の公式LINEアカウントでは、このような美容に役立つ情報を定期的に配信しています。

更に、毎月さまざまな施術をお得に受けることができるクーポンの配布もしていますので、美容に関してお悩みがある方や施術をご検討している方は、ぜひご登録ください。

LINEお友達登録はこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このページの先頭へ