キレイを叶えるコラム 恵比寿の美容皮膚科
レディアス美容クリニック恵比寿の

Column

ハイフの施術を受ける適切な間隔は?

フェイスデザイン

顔のたるみが気になる方や小顔になりたい方に人気のハイフ。

従来の施術と比較してダウンタイムが圧倒的に少ない上に施術後すぐに効果を感じる方が多いため、さまざまな方に施術を受けていただいています。

しかし、ハイフをご検討しはじめると効果が持続する期間や施術を受ける適切な間隔について気になってくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方々に向けて、この記事ではハイフの施術を受ける適切な間隔や頻度・効果について解説します。

また、このような美容に役立つ情報は当院の公式LINEアカウントでも配信しています。

毎月お得なクーポンも配布していますので、美容に関する情報を収集するツールとして、ぜひお役立てください。

LINEお友達登録はこちら

ハイフとは

ハイフは「High Intensity Focused Ultrasound」の頭文字を取った略称で、肌のたるみを改善するリフトアップの施術です。

機械で超音波を一点に集中させることによって発生した熱を、皮膚の表面などを傷つけることなく皮膚の深部のみに照射することが可能なため、肌ダメージが少なくダウンタイムがほとんどありません。

また、解剖学に基づき顔の部位によって真皮層から筋膜層まで照射深度を変えることで、違和感なくリフトアップすることができます。

ハイフの効果

ハイフは真皮層から筋膜層にかけて照射し、熱によって組織が収縮することによる首や顔のたるみ改善・リフトアップ効果・小顔効果があります。

また、熱による刺激でコラーゲンが活発に作られることで、肌の弾力アップやシワ・ほうれい線の改善効果があります。

ハイフの効果については下記の記事でも解説しておりますので、ご興味がある方は是非ご一読ください。

切らないリフトアップ「ハイフ」に期待できる効果を解説します

ハイフの効果が持続する期間

個人差がありますが、顔や首のたるみ改善効果は施術直後からみられ、半年から1年ほど効果が持続します。

また、ハイフの施術後はコラーゲンの生成が活発になり肌にハリ・ツヤや弾力が出てきますが、その効果は1~3ヶ月ほど持続します。

そして、ハイフは皮下脂肪を減少させることもできる施術ですが、皮下脂肪の減少による小顔効果は施術後1ヶ月後から、新たに皮下脂肪が付かない限り持続していきます。

ハイフの間隔・頻度

ハイフの効果は施術直後からどんどん薄くなっていくわけではなく、施術後1ヶ月経過後など時間が経つにつれてより強く得られる効果もあります。

そのため短期間で多く施術すれば良いというものではなく、継続的に施術をする場合は3ヶ月~半年に1度のペースを推奨しております。

ただし個人差がありますので、施術の間隔はカウンセリング時などに医師に相談してみてください。

当院のハイフについて

レディアス美容クリニック恵比寿では、カウンセリングで患者様のお悩みやお顔の状態をしっかり確認し、ひとりひとりに最適なハイフの施術間隔や回数をご案内します。

ハイフについて気になっている方や他の施術と合わせて検討したい方など、どんな方でもお気軽にご相談ください。

ご予約・お問合せ

また、当院の公式LINEアカウントでは、美容に役立つ情報の配信や人気の施術をお得に受けることができるクーポンの配布をしています。

施術をご検討している方もそうでない方も、ご登録をお待ちしております。

LINEお友達登録はこちら

顔のたるみの原因

顔がたるむ原因には「肌の弾力低下」「重力による脂肪層の下垂」「SMAS筋膜のゆるみ」「骨の後退、委縮」などがありますが、多くの場合これらの原因が複合的に合わさって生じており、どの場合にもハイフの施術は効果的です。

肌の弾力低下は、加齢などによってコラーゲンやエラスチンが減少してしまうことが原因で発生しますが、ハイフの施術によって肌に刺激を与えるため、1~3ヶ月かけてコラーゲンの生成を活発にすることができます。

重力により下垂し、垂れ下がった脂肪をハイフの熱により減らしていきます。加齢とともにゆるんでしまったSMAS筋膜もハイフの照射によりしっかりと引き締めていきます。

ハイフとレーザーの違い

肌のたるみを改善したい、という方に比較検討されやすい施術が、ピコフラクショナルレーザーです。

ピコフラクショナルレーザーとは、肌の深部にピコ秒(1兆分の1秒)の照射時間で高エネルギーの衝撃波をフラクショナル状(点状)に照射するレーザー治療で、コラーゲンやエラスチンの生成を促進させ、肌の弾力アップやニキビ・ニキビ跡の改善などに効果がある施術です。

肌の弾力アップの効果はピコフラクショナルレーザーにもありますし、お肌の再生力を高めるという点ではとても優れた施術です。

しかし、ピコフラクショナルレーザーではハイフのように筋膜層まで熱を届けることができず、また施術直後に高いリフトアップ効果を望むことはできません。

そのため、小顔になりたい方やリフトアップを望む方については、フラクショナルレーザーよりもハイフの施術をおすすめします。

ピコフラクショナルレーザーについては下記の記事で詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご一読ください。

ピコフラクショナルレーザーで毛穴を引き締め!ニキビ跡や小ジワにも効果があります

ハイフがおすすめの人

下記に当てはまる方には特に、ハイフの施術をおすすめします。

  • 顔にメスを入れることに抵抗がある方
  • ダウンタイムが少ない施術を希望される方
  • 短期間で小顔になりたい方
  • 肌の弾力を高めると同時にリフトアップもしたい方
  • シワやほうれい線を改善したい方

ハイフの痛み

ハイフの施術中はチクチクとした痛みがありますが、我慢できる程度の痛みです。

また、施術後数週間は照射箇所に筋肉痛のような痛み、骨に響くような痛みが出ることもありますが、時間の経過とともに改善してきますのでご安心ください。

ハイフの施術後の注意点

ハイフの施術後に血行が良くなると稀に赤みが出てしまうことがあるため、過度な運動やアルコールの摂取・入浴は避けるようにすることと、施術後は乾燥しやすい状態になっていますので、保湿もしっかり心がけると良いです。

また、ハイフの施術後は脂肪細胞が老廃物として体外に出ようとしているため、内蔵が活発に動いています。

そのため、水分補給も心がけましょう。

ハイフの副作用・デメリット

ハイフの施術後は、稀に1週間程度むくみが出てしまうことがあります。

また、施術後に赤みや腫れが出てしまうこともありますが、すぐにおさまりますのでご安心ください。

ハイフは従来の施術と比較しダウンタイムが圧倒的に少なく、肌ダメージがほとんどない施術ですが、下記に当てはまる方は施術を受けることができないのでご注意ください。

  • 妊娠中または授乳中の方
  • アトピー性皮膚炎や日焼けなどで肌が炎症している方
  • ペースメーカーを使用している方
  • ヒアルロン酸注入注射、ボトックス注射、糸リフト施術などの直後の方
  • 施術部位にインプラント、金属プレートやシリコンが入っている方

まとめ

ハイフの施術を定期的に受けていただく際の適切な間隔は、大体3ヶ月~半年に1度を目安としてください。

ただし顔の皮下脂肪の付き方やたるみ方によって個人差がありますので、たるみを改善したい方や小顔になりたい方など、ハイフによってお悩みを改善したい方は一度お気軽にご相談してください。

ご予約・お問合せ

そしてレディアス美容クリニック恵比寿の公式LINEアカウントでは、このような美容に役立つ情報を定期的に配信しています。

更に、毎月さまざまな施術をお得に受けることができるクーポンの配布もしていますので、美容に関してお悩みがある方や施術をご検討している方は、ぜひご登録ください。

LINEお友達登録はこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このページの先頭へ